<< 敢えて感謝しよう | main | 目先の欲に勝つために >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.04.30 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    新しい発想を

    0
       

      みなさんは、

       

      自分の頭は柔軟だと思いますか?

       

      あるメルマガにこんなことが書いてありました。

       

      童話『うさぎとカメ』という話しは、

       

      足が速いうさぎと、

       

      のろまなカメが競争をして、

       

      足の速いうさぎは油断して途中で昼寝をしてしまい、

       

      サボらずにコツコツ頑張ったカメがうさぎに勝利するという話しですよね。

       

      教訓としては、

       

      「コツコツ頑張った人が最後には勝つ!」

       

      みたいなことですよね!?

       

      そのメルマガには、

       

      カメが居眠りしているうさぎをそのままにして

       

      自分だけが勝利を目指すのではなくて、

       

      居眠りしているうさぎを起こしてあげて、

       

      うさぎはカメの優しさに心打たれ、

       

      「くだらない争いを止めて仲良しになる」

       

      という結末でもいいのではないか?

       

      というような内容でした。

       

      そのメルマガを読んでいて、

       

      これからの時代はこういう発想も大切だなあと感じました。

       

      なぜなら、

       

      これからの日本は、

       

      従来の思考パターンだけでは対応できない時代になっているからです。

       

      例えば、『結婚』

       

      江戸時代まで遡れば、

       

      当時の日本には士農工商とい身分制度があり、

       

      農民は農民の子と結婚し、

       

      武士の娘は武士の家に嫁ぎというように、

       

      自分の好きな人と自由に結婚することはできませんでした。

       

      同じ身分同士の結婚においても、

       

      当人同士の意思というより、

       

      家同士の関係や親の意向なども大きく影響していたようです。

       

      ですから、なかなか相手が見つからなくても、

       

      親がお見合いをセッティングして縁を結んでいたようです。

       

      自由に結婚ができない代わりに、

       

      結婚できないということが現代より少なかったのではないでしょうか?

       

      『就職』についても同じで、

       

      昔は子供は親の職業を継ぐのが一般的だったので、

       

      自分で好きな職業に就くことが許されなかった反面、

       

      現代のように就職先が見つからず困るといったことも少なかったでしょう。

       

      つまり、自由と引き換えに、

       

      自己責任の割合が大きくなったということでしょう。

       

      これからの日本は国際化の波に飲み込まれていきます。

       

      日本の税制や円高、人口の減少、人件費の高騰などで、

       

      企業はどんどん国外に生産拠点を移しています。

       

      頑張っていい大学に行けば、

       

      安定した大企業に就職できて、

       

      老後まで心配なく働けるといった時代ではなくなりました。

       

      従来の発想では通用しない場面も出てくるでしょう。

       

      そんなときに、

       

      『うさぎとカメが仲良くなる展開』

       

      のような、

       

      自分なりのハッピーエンドを描くことも重要なのではないでしょうか?

       

      もしかしたら、

       

      居眠りを起こしてもらったうさぎは、

       

      カメに感謝することなく、

       

      さっさとゴールして、

       

      カメに「あっかんべ〜」をするかもしれません。

       

      ただ、自分なりに自由に幸せな未来を描く

       

      柔軟な想像力は持っていたいですね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      評判の書籍

      7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版

       

       

       

       

       

       

       

       

       


       

      SG予備学院

      http://www.sg-school.com/

       

      SG予備学院 合格体験記

      http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html

       

      SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.04.30 Tuesday
        • -
        • 13:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM